東京アートポイント計画

東京都内各地で地域NPOとともにアートプロジェクトを展開する試み。noteではプロジェクトの舞台裏での試行錯誤や、現場の記録をお届けします。 https://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/what-we-do/creation/hubs/
    • #デザイン 記事まとめ

      • 5890本

      デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。

    • アートプロジェクトの現場から

      • 139本

      都内各地で地域NPOとともにアートプロジェクトを展開する「東京アートポイント計画」。各プロジェクトに伴走するアーツカウンシル東京の専門スタッフ「プログラムオフィサー」がそのとき起こったこと、考えたことをお届けします。また、各プロジェクトからの記事も紹介していきます。

    • 東京で何かを「つくる」としたら?

      • 8本

      “東京で何かを「つくる」としたら”という投げかけのもと、「ナビゲーター」と、公募で集まった「メンバー」がチームとなり、リサーチや実験を繰り返しながら新たなプロジェクトの核をつくる試み、「東京プロジェクトスタディ」についてお知らせしていきます。

    • すべてのマガジンを表示
  • 商品の画像

    これからの文化を「10年単位」で語るために ― 東京アートポイント計画 2009-2018 ―

    ※価格を改定しました(2021.10.1)。 2,800円+税・送料→1,400円+税・送料 2009年に始動した東京アートポイント計画の10年の歩みを収録しました。プログラムオフィサーが培った知見をまとめた「中間支援の9の条件」、事業の足跡を年ごとに振り返った「これまでの歩み 2008→2018」、東京アートポイント計画の共催団体のメンバーとの対話を収めた「プロジェクトインタビュー」、これからの10年を見据えた展望や事業の可能性にふれたインタビューやディスカッション等で構成しています。巻末には資料として、これまで発行してきた200冊のドキュメントのリストも掲載しています。 --------------- ■目次 はじめに 森司 東京アートポイント計画とは もくじ SECTION1 中間支援の9の条件 SECTION2 これまでの歩み 2008→2018 SECTION3 プロジェクトインタビュー SECTION4 東京アートポイント計画 2009→2029 おわりに 大内伸輔+坂本有理+佐藤李青 REFERENCES 資料 東京アートポイント計画の変遷 10年間の32のプロジェクト ディレクター/プログラムオフィサープロフィール 外部委員一覧 ドキュメント一覧 --------------- 企画・執筆|大内伸輔・佐藤李青・坂本有理(アーツカウンシル東京) 編集ディレクション|川村庸子 編集|佐藤恵美 編集補助|岡野恵未子(アーツカウンシル東京) アートディレクション・デザイン|TAKAIYAMA inc. 印刷|株式会社サンエムカラー 製本|株式会社渋谷文泉閣 監修|森司(アーツカウンシル東京) 発行|公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 ※商品は、レターパックで1冊ずつ発送させていただきます。
    1,540円
    Tokyo Art Research Lab
  • 商品の画像

    東南アジアリサーチ紀行―東南アジア9カ国・83カ所のアートスペースを巡る

    ※価格を改定しました(2021.10.1)。 1,200円+税・送料→600円+税・送料 小川希(Art Center Ongoing代表)が2016年の3ヶ月間、東南アジア9カ国を巡り、83カ所のインディペンデントなアートスペースをリサーチした旅の記録を収録した書籍の新装改訂版。 東南アジアのスペース情報の更新に加え、東南アジアの多様な「コレクティブ」の在り方に触発されて立ち上げた「Ongoing Collective」での実践と葛藤、そして可能性について綴られた「『おわりに』の『つづきに』」を新たに収録しました。 --------------- ■目次 はじめに -Republic of the Philippines -Republic of Indonesia -Thailand -Lao People’s Democratic Republic -Republic of the Union of Myanmar -Thailand -Republic of Singapore -Malaysia -Socialist Republic of Viet Nam -Kingdom of Cambodia おわりに 「おわりに」の「つづきに」 --------------- 著者|小川希 翻訳|弘川ゆきえ、本間順子、佐藤彩乃、地主麻衣子、高石晃、池田佳穂、本村桜アリス、太田エマ、ジョナサン・ウィストン、スザンヌ・ムーニー、ムジーブ・カーン デザイン|原田光丞 イラストレーション|和田亜矢子 印刷・製本|株式会社シナノ 発行|公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 ※商品は、レターパックで1冊ずつ発送させていただきます。
    660円
    Tokyo Art Research Lab
固定された記事

東京アートポイント計画|こんな記事、あんな記事、あります。

こんにちは、「東京アートポイント計画」です。私たちのnoteをのぞいてくださり、ありがとうございます! 東京アートポイント計画は、地域社会を担うNPOとアートプロジェ…

サポーターを楽しませるサポーターでいたい【アートプロジェクトの中の人】 佐藤卓也@Teraccollective

こんにちは。東京アートポイント計画プログラムオフィサーの村上です。 今回は東京アートポイント計画卒業団体のアートプロジェクト「TERATOTERA」(2010-2020年)のボラ…

【ラッコルタ -創造素材ラボ-】 地域企業の"端材"を"教材"に変える仕組みづくり、はじめました

東京アートポイント計画の共催事業 Artist Collective Fuchu[ACF]で今年から始動した「ラッコルタ -創造素材ラボ- 」の取り組みやワークショップの内容について、ポイント…

第3回「川の端から端まで泳ぐと級がもらえていた」(文=橋本倫史)

サンデー・インタビュアーズの活動は、ひとつの映像に対して3つのステップを踏むことになっている。ステップ1は「ひとりで“みる”」、ステップ2は「みんなで“はなす”」…

「すっかり減ってますね」と言った後には「第6波は来るだろうし」と付け加える|10/12〜10/15

コロナ禍の日々の記録。平日の仕事を中心に。土日祝は休みます(例外あり)。2020年の1回目の緊急事態宣言の最中にはじめた日記はこちらから。3回目の宣言解除の日から再開…