マガジンのカバー画像

アートプロジェクトの現場から

145
都内各地で地域NPOとともにアートプロジェクトを展開する「東京アートポイント計画」。各プロジェクトに伴走するアーツカウンシル東京の専門スタッフ「プログラムオフィサー」がそのとき起… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

「今のうちに出来ることをやっておこう」と言い続けた数ヶ月は終わるのか?|1/5~…

2022年1月5日(水) 市ヶ谷朝から冷える。最高気温は5℃なのだという。昨日は休みをとって、…

SIは見た No.74『松陰神社、双葉園、雪の日』の場合

私たちは今、どんな時代を生きているのか──。サンデー・インタビュアーズ(SI)とは、そんな…

アートプロジェクトの拠点形成 足立区、墨田区、町田市、そして神津島

美術館やギャラリー、文化施設を飛び出して、まちなかを舞台にするアートプロジェクト。それぞ…

「芸術の冬」!? 現在、3つの展覧会を同時開催しています

現在、東京アートポイント計画の共催事業では、3つの展覧会を開催しています。 地元企業から…

第4回「これはプライベートな映像だから、何をコメントしたらいいかわからない」(文…

今年度のサンデー・インタビュアーズの取り組みで、2本目の課題となった動画は『流鏑馬』(『…

SIは見た No.83『餅つき』の場合

私たちは今、どんな時代を生きているのか──。サンデー・インタビュアーズ(SI)とは、そんな…

記録をする手も緩んでしまう|10/18〜10/22

コロナ禍の日々の記録。平日の仕事を中心に。土日祝は休みます(例外あり)。2020年の1回目の緊急事態宣言の最中にはじめた日記はこちらから。3回目の宣言解除の日から再開。4回目の宣言解除後も(なんとか)続く。 2021年10月18日(月) 自宅朝から寒い。午後のミーティングに向けて、資料作成に取り組む。東京アートポイント計画のウェブサイトを改修するとしたら、どんな性質の情報を、どんな順番で提示していくのがいいか? 目的、構成、各コンテンツの案をパワーポイントでスライドをつくり

スキ
1

サポーターを楽しませるサポーターでいたい【アートプロジェクトの中の人】 佐藤卓也…

こんにちは。東京アートポイント計画プログラムオフィサーの村上です。 今回は東京アートポイ…

【ラッコルタ -創造素材ラボ-】 地域企業の"端材"を"教材"に変える仕組みづくり、はじ…

東京アートポイント計画の共催事業 Artist Collective Fuchu[ACF]で今年から始動した「ラッコ…

第3回「川の端から端まで泳ぐと級がもらえていた」(文=橋本倫史)

サンデー・インタビュアーズの活動は、ひとつの映像に対して3つのステップを踏むことになって…

「すっかり減ってますね」と言った後には「第6波は来るだろうし」と付け加える|10/1…

コロナ禍の日々の記録。平日の仕事を中心に。土日祝は休みます(例外あり)。2020年の1回目の…

【11/15申込締切】 “いま、Webサイトについて改めて考えるスタディ” が始まります。…

Tokyo Art Research Lab の東京プロジェクトスタディ3「これからの Webサイトについて考える …

SIは見た No.70『誠5歳9ヶ月、由美3歳11ヶ月』の場合

私たちは今、どんな時代を生きているのか──。サンデー・インタビュアーズ(SI)とは、そんな…

「解除」と「緩和」の即効性は強い|10/4〜10/9

コロナ禍の日々の記録。平日の仕事を中心に。土日祝は休みます(例外あり)。2020年の1回目の緊急事態宣言の最中にはじめた日記はこちらから。3回目の宣言解除の日から再開。4回目の宣言解除後も(なんとか)続く。 2021年10月4日(月) 自宅週末の台風一過で気温が上昇。今日も30度近くで暑い。思ったよりも日常の気分は戻ってきた。外に出ればマスクをするのは変わらない。それでも心理的なつっかえのようなものがない。「解除」と「緩和」の即効性は強い。朝からパソコンに向かう。午後はメッ

スキ
2