アートプロジェクトの現場から

94

映像と実践で学ぶ。「アートプロジェクトの担い手のための手話講座」をはじめます。(…

東京アートポイント計画と連動して実施する「Tokyo Art Research Lab」では、「アートプロジェ…

わたしの、あなたの、関わりをほぐすために、新たな方法を見つけたい。身体と思考と感…

Tokyo Art Research Lab の東京プロジェクトスタディ1「わたしの、あなたの、関わりをほぐす …

【7/30〆切|Tokyo Art Research Labのプログラムで参加者募集中】

「スタディ1 |わたしの、あなたの、関わりをほぐす」では、自分と異なる認識世界を持つ他者と共在・共創するコミュニケーションについて考えます。

https://tarl.jp/school/2021/tps2021_1/

【7/28〆切|Tokyo Art Research Labのプログラムで参加者募集中】

「災間の社会を生きる術(すべ/アート)を探る」では、災禍の現場に立つための態度や技術、方法について、ナビゲーターとともに考えます。

https://tarl.jp/school/2021/diss01/

【アートプロジェクトの中の人】レストラン経営者 新井有佐 @Artist Collective Fuch…

私は自分が関係しているアートプロジェクトのことを人に説明するときに、そのプロジェクトの概…

「やさしい日本語」で、あたらしい当たり前をつくる【アートプロジェクトの中の人】 …

今回はアートプロジェクト「東京で(国)境をこえる」の新メンバー、鄭禹晨さんの事務局での活動…

あいだをうごく【1】|アートプロジェクト以外のことばも必要

東京都内各地で地域NPOとともにアートプロジェクトを展開する「東京アートポイント計画」では…

つなぎ目を透明化する仕事?ー「プログラムオフィサー」の職域を拓く

地域社会を担うNPOとアートプロジェクトを展開し、無数の「アートポイント」を生み出す、東京…

マネジメントスキルを筋肉に例えて、ボディビル大会をやってみた。(続・ジムジム会 #…

東京アートポイント計画に参加する9団体が互いに学び合う「ジムジム会(事務局による事務局の…

危機の時代に求められる「共進化的な姿勢」。これからのアートマネジメントに向けて——芹沢高志×森司対談〈後篇〉
https://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/blog/46982/

東京アートポイント計画ディレクター・森司と、P3 art and environment統括ディレクター・芹沢高志が対談。