見出し画像

緊急事態宣言から4ヶ月、アートプロジェクトの現場で起きたこと。

こんにちは、東京アートポイント計画です。
毎日猛暑が続き、二重の意味で身を守るための「ステイホーム」をしている気がします。

さて、2020年4月7日に緊急事態宣言が発令されてから、4ヶ月と少し。この度東京アートポイント計画では、「この4ヶ月で、アートプロジェクトの現場で起きたこと」の一部をタイムラインでまとめてみました。

東京アートポイント計画は、「日常の営みに穏やかに寄り添い、まち・人・活動をつなぐアートプロジェクト」です。オフラインでの活動や大規模なイベントができない状況下でも、各プロジェクトでは知恵を絞り、そのときできる活動や次の動き出しへの準備を行っていました。

これまで行ってきた活動を、かたちを変えて行うプロジェクトあり、オンラインに移行するプロジェクトあり、新しい活動を立ちあげるプロジェクトあり。社会の出来事とともに、ご覧ください。

※タイムラインでは、東京アートポイント計画および、それと連動して実施されているTokyo Art Research LabArt Support Tohoku-Tokyoの事業について紹介しています。​

■2020年4月~7月のタイムライン■

画像1

画像2

画像3


7月以降の最新情報は、SNSやメールニュース等で配信しています。ぜひご登録ください!

▼Facebookページ

▼メールニュース

▼アーツカウンシル東京が発行する書籍はこちら


これからもよろしくおねがいします◎
16
東京都内各地で地域NPOとともにアートプロジェクトを展開する試み。noteではプロジェクトの舞台裏での試行錯誤や、現場の記録をお届けします。 https://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/what-we-do/creation/hubs/

こちらでもピックアップされています

アートプロジェクトの現場から
アートプロジェクトの現場から
  • 41本

都内各地で地域NPOとともにアートプロジェクトを展開する「東京アートポイント計画」。各プロジェクトに伴走するアーツカウンシル東京の専門スタッフ「プログラムオフィサー」がそのとき起こったこと、考えたことをお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。