東京アートポイント計画

東京都内各地で地域NPOとともにアートプロジェクトを展開する試み。noteではプロジェクトの舞台裏での試行錯誤や、現場の記録をお届けします。 https://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/what-we-do/creation/hubs/
ショップロゴ

Tokyo Art Research Lab

https://tarl.theshop.jp
アーツカウンシル東京の人材育成事業「Tokyo Art Research Lab」にて制作した書籍を販売しています。 詳細はこちら https://tarl.jp/ ----- -Tokyo Art Research Lab(TARL)とは- アートプロジェクトを担う全ての人々に開かれ、共につくりあげる学びのプログラムです。人材の育成、現場の課題に応じたスキルの開発、資料の提供やアーカイブなどを通じ、社会におけるアートプロジェクトの可能性を広げることを目指しています。
商品の画像

【オンラインプログラム|一般用】スタディ2「アートプロジェクトの現場から外国ルーツの若者の支援について考える」

日本に暮らす外国ルーツの若者の人材育成に取り組む海老原周子さん(一般社団法人kuriya・代表理事)をナビゲーターに迎え、外国ルーツの若者たちを取り巻く現状や課題を紐解きながら、これからの社会で必要とされる支援や活動の在り方とアートプロジェクトの可能性について探ります。 海老原さんは、アートワークショップやアートプロジェクト、高校生の中退予防やキャリア支援、さらには政策提言や環境整備など、外国ルーツの若者の多様性を尊重し、さまざまな可能性を広げるための多角的な活動を展開されてきました。本スタディでは、10年以上にわたる海老原さんの活動からみえてきたこと、そして次の10年に向けて取り組むべきことについてまとめた『外国ルーツの若者と歩んだ10年』(海老原周子著、Tokyo Art Research Lab、2020年度発行)を参照しつつ、これからについて考えます。 さらには、移民の若者を対象とした映像ワークショップにソーシャルワーカーも参加するなど、福祉的な側面にも配慮する香港アートセンターの事例や、支援の現場に関わるアーティストの活動、一般社団法人kuriyaの活動に参加した若者の経験にふれながら、日本国内で実践するためのヒントをみつけることを目指します。 ※第1回、第5回はライブ配信。 ※第2回~第4回は、収録動画を配信期間中にご視聴いただくかたちとなります。英語で実施し、日本語字幕付きの動画を配信します。その際の質問やコメントはアンケートフォームにて募集し、後日ナビゲーターより回答予定です。 --- ■開催概要 第1回 2021年11月26日(金)20:00〜21:30 アートプロジェクトの現場から見えてきた状況と課題 第2回(動画配信) 2021年12月10日(金)~2022年2月25日(金) アートプロジェクトの可能性とその限界 第3回(動画配信) 2021年12月24日(金)~2022年2月25日(金) 社会包摂の学びの場~担い手を育てる~ 第4回(動画配信) 2022年 1月28日(金)~2022年2月25日(金) アーティストと共につくる 第5回 2022年2月25日(金)20:00〜21:30 政策提言からアートプロジェクトの現場へ --- ・参加費 一般 5,000円 学生3,500円 ・定員 25名程度 ※資料を送付いたしますので、1回のお申し込みにつき1名分をお申し込みください。 ・対象 ‐ 外国ルーツの若者やこどもたちのための支援や活動に関わっている方、これから関わろうとしている方 ‐ 文化事業関係者、教育関係者、社会貢献活動に携わる方々など ・受講形式 オンライン ※ 参加者には事前にZoomのURLをお送りします ・申込〆切 2021年11月19日(金)17:00まで ※ 定員となり次第、受付を終了いたします。 ※お申し込み後、主催者より詳細の連絡をメールでお送りいたしますので、ご確認ください。 ※より詳細な情報はこちら https://tarl.jp/school/2021/tps2021_2/ --- ■ナビゲーター 海老原周子(一般社団法人kuriya代表、通訳) ■ゲスト 三富章恵(NPO法人アーツセンターあきた 事務局長) To Yee-lok Tobe (香港アートセンター・マネージャー) Avinash Ghale(デザイナー、プログラマー) Okui Lala(ヴィジュアルアーティスト/ カルチャーワーカー) --- 主催 公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 ■お問い合わせ 公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 事業推進室事業調整課事業調整係 TARL事務局 TEL:03-6256-8435(平日10:00〜18:00) E-mail:tarl@artscouncil-tokyo.jp
5,000円
Tokyo Art Research Lab
商品の画像

【オンラインプログラム|学生用】スタディ2「アートプロジェクトの現場から外国ルーツの若者の支援について考える」

日本に暮らす外国ルーツの若者の人材育成に取り組む海老原周子さん(一般社団法人kuriya・代表理事)をナビゲーターに迎え、外国ルーツの若者たちを取り巻く現状や課題を紐解きながら、これからの社会で必要とされる支援や活動の在り方とアートプロジェクトの可能性について探ります。 海老原さんは、アートワークショップやアートプロジェクト、高校生の中退予防やキャリア支援、さらには政策提言や環境整備など、外国ルーツの若者の多様性を尊重し、さまざまな可能性を広げるための多角的な活動を展開されてきました。本スタディでは、10年以上にわたる海老原さんの活動からみえてきたこと、そして次の10年に向けて取り組むべきことについてまとめた『外国ルーツの若者と歩んだ10年』(海老原周子著、Tokyo Art Research Lab、2020年度発行)を参照しつつ、これからについて考えます。 さらには、移民の若者を対象とした映像ワークショップにソーシャルワーカーも参加するなど、福祉的な側面にも配慮する香港アートセンターの事例や、支援の現場に関わるアーティストの活動、一般社団法人kuriyaの活動に参加した若者の経験にふれながら、日本国内で実践するためのヒントをみつけることを目指します。 ※第1回、第5回はライブ配信。 ※第2回~第4回は、収録動画を配信期間中にご視聴いただくかたちとなります。英語で実施し、日本語字幕付きの動画を配信します。その際の質問やコメントはアンケートフォームにて募集し、後日ナビゲーターより回答予定です。 --- ■開催概要 第1回 2021年11月26日(金)20:00〜21:30 アートプロジェクトの現場から見えてきた状況と課題 第2回(動画配信) 2021年12月10日(金)~2022年2月25日(金) アートプロジェクトの可能性とその限界 第3回(動画配信) 2021年12月24日(金)~2022年2月25日(金) 社会包摂の学びの場~担い手を育てる~ 第4回(動画配信) 2022年 1月28日(金)~2022年2月25日(金) アーティストと共につくる 第5回 2022年2月25日(金)20:00〜21:30 政策提言からアートプロジェクトの現場へ --- ・参加費 一般 5,000円 学生3,500円 ・定員 25名程度 ※資料を送付いたしますので、1回のお申し込みにつき1名分をお申し込みください。 ・対象 ‐ 外国ルーツの若者やこどもたちのための支援や活動に関わっている方、これから関わろうとしている方 ‐ 文化事業関係者、教育関係者、社会貢献活動に携わる方々など ・受講形式 オンライン ※ 参加者には事前にZoomのURLをお送りします ・申込〆切 2021年11月19日(金)17:00まで ※ 定員となり次第、受付を終了いたします。 ※お申し込み後、主催者より詳細の連絡をメールでお送りいたしますので、ご確認ください。 ※より詳細な情報はこちら https://tarl.jp/school/2021/tps2021_2/ --- ■ナビゲーター 海老原周子(一般社団法人kuriya代表、通訳) ■ゲスト 三富章恵(NPO法人アーツセンターあきた 事務局長) To Yee-lok Tobe (香港アートセンター・マネージャー) Avinash Ghale(デザイナー、プログラマー) Okui Lala(ヴィジュアルアーティスト/ カルチャーワーカー) --- 主催 公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 ■お問い合わせ 公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 事業推進室事業調整課事業調整係 TARL事務局 TEL:03-6256-8435(平日10:00〜18:00) E-mail:tarl@artscouncil-tokyo.jp
3,500円
Tokyo Art Research Lab
商品の画像

これからの文化を「10年単位」で語るために ― 東京アートポイント計画 2009-2018 ―

※価格を改定しました(2021.10.1)。 2,800円+税・送料→1,400円+税・送料 2009年に始動した東京アートポイント計画の10年の歩みを収録しました。プログラムオフィサーが培った知見をまとめた「中間支援の9の条件」、事業の足跡を年ごとに振り返った「これまでの歩み 2008→2018」、東京アートポイント計画の共催団体のメンバーとの対話を収めた「プロジェクトインタビュー」、これからの10年を見据えた展望や事業の可能性にふれたインタビューやディスカッション等で構成しています。巻末には資料として、これまで発行してきた200冊のドキュメントのリストも掲載しています。 --------------- ■目次 はじめに 森司 東京アートポイント計画とは もくじ SECTION1 中間支援の9の条件 SECTION2 これまでの歩み 2008→2018 SECTION3 プロジェクトインタビュー SECTION4 東京アートポイント計画 2009→2029 おわりに 大内伸輔+坂本有理+佐藤李青 REFERENCES 資料 東京アートポイント計画の変遷 10年間の32のプロジェクト ディレクター/プログラムオフィサープロフィール 外部委員一覧 ドキュメント一覧 --------------- 企画・執筆|大内伸輔・佐藤李青・坂本有理(アーツカウンシル東京) 編集ディレクション|川村庸子 編集|佐藤恵美 編集補助|岡野恵未子(アーツカウンシル東京) アートディレクション・デザイン|TAKAIYAMA inc. 印刷|株式会社サンエムカラー 製本|株式会社渋谷文泉閣 監修|森司(アーツカウンシル東京) 発行|公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 ※商品は、レターパックで1冊ずつ発送させていただきます。
1,540円
Tokyo Art Research Lab
商品の画像

東南アジアリサーチ紀行―東南アジア9カ国・83カ所のアートスペースを巡る

※価格を改定しました(2021.10.1)。 1,200円+税・送料→600円+税・送料 小川希(Art Center Ongoing代表)が2016年の3ヶ月間、東南アジア9カ国を巡り、83カ所のインディペンデントなアートスペースをリサーチした旅の記録を収録した書籍の新装改訂版。 東南アジアのスペース情報の更新に加え、東南アジアの多様な「コレクティブ」の在り方に触発されて立ち上げた「Ongoing Collective」での実践と葛藤、そして可能性について綴られた「『おわりに』の『つづきに』」を新たに収録しました。 --------------- ■目次 はじめに -Republic of the Philippines -Republic of Indonesia -Thailand -Lao People’s Democratic Republic -Republic of the Union of Myanmar -Thailand -Republic of Singapore -Malaysia -Socialist Republic of Viet Nam -Kingdom of Cambodia おわりに 「おわりに」の「つづきに」 --------------- 著者|小川希 翻訳|弘川ゆきえ、本間順子、佐藤彩乃、地主麻衣子、高石晃、池田佳穂、本村桜アリス、太田エマ、ジョナサン・ウィストン、スザンヌ・ムーニー、ムジーブ・カーン デザイン|原田光丞 イラストレーション|和田亜矢子 印刷・製本|株式会社シナノ 発行|公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 ※商品は、レターパックで1冊ずつ発送させていただきます。
660円
Tokyo Art Research Lab